必要なスキルは何か

システムエンジニアに必要とされている能力とは、どのようなものでしょうか。
コンピュータのことについて詳しくないといけないのは大前提です。
それはシステムやソフトの面だけでなく、ハードの面でも人に的確に教えることが出来る段階まで理解していなといけません。

次に、ネットワークに関しても同じようにしっていなくてはいけません。
どんなに良いシステムを構築したとしても、車内でのLANやネットワーク接続についての知識が疎かでしたら、その能力の半分の発揮できずに終わってしまいます。

これから作り上げようとしているシステムの設計図を作り上げる設計力も必要です。
この設計図がキチンと出来あがっているかどうかで、システムの出来上がりが違ってきます。

クライアントの業務を理解しているかどうか。
これは、クライアントの業務を表面だけで見ていると分からないことなので、深い所まで理解が必要になってきます。
実際にシステムを利用している担当者とのコミュニケーションも、必要ではないかと思います。
業務内容を理解した上で、要望を分析する客観的な力も必要です。

他には最新のパソコンに関する情報や、新しいシステムに関する情報にも熟知しておかなくてはいけません。

以上のことを踏まえた上で、クライアントからの要望を簡潔、かつ分かりやすい書類を作成することが出来なくてはいけません。
プログラマに的確な指示を出せること。
コンピューターの知識がない人にでも分かりやすい説明をすることが出来るかどうか。
納期までのスケジュール管理が出来るかどうか。

このようなトータル的な能力が、システムエンジニアには要求されていると考えて良いと思います。

その他、コミュニケーション能力も欠かせないスキルの1つ。
今後、フリーランスとして活躍を考えているのであれば、クライアントとの交渉はもちろん、営業も行う必要があります。エンジニアが集まっているオフ会に参加することで、ある程度のコミュニケーション能力が身に付き、最新技術の勉強もできるため、積極的な参加が実を結ぶことに繋がるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website